声優・水島裕さんNHK/ともだちいっぱい等代表作は?再婚って?

Pocket

声優・水島裕さんとは?

水島裕(本名:野田 憲司)とは、1956年1月18日生まれ。東京都出身。株式会社CUCURI aniworks所属。

爽やかな声質から正統派主人公を演じることが多いですが、三枚目やギャグキャラを演じることもあります。

スタジオぴえろ制作の魔法少女系の作品では、全作品で主人公の相手役を担当していました。

劇団若草の頃に「安永憲自」名義で特撮番組『愛の戦士レインボーマン』の主題歌を歌い、芸能界デビューします。

その後、NHK総合の『連想ゲーム』のレギュラー回答者などに出演していました。

スポンサードリンク

NHK/ともだちいっぱい

『ともだちいっぱい』は1990年4月から1995年3月までNHK教育で放送していた幼児向け番組です。

その中で木曜日の『なかよくあそぼ』に「ゆう兄ちゃん」として出演していました。

ゆう兄ちゃんは、ともだちいっぱいの前番組「やっぱりヤンチャー」のスピンオフで、なかよくあそぼの進行役を担当していました。

なかよくあそぼの他には「かずとあそぼ」「つくってあそぼ」「しぜんとあそぼ」「うたってあそぼ」がありました。

つくってあそぼわくわくさんで有名ですね!

ゆう兄ちゃんは、初期のつくってあそぼにも登場していたことがあります。

再婚って?

1990年に声優の佐久間レイさんと結婚していて、子供が1人います。

その後、離婚して真剣は佐久間さんが持っています。

離婚時期は不明です。

2009年頃、一般女性と再婚したそうです。

スポンサードリンク

調べてみると「バツ2」という情報がありましたが、佐久間さんの前の結婚相手はみつかりませんでした。

代表作は?

水島さんの代表作を紹介します。

プロジェクトA フェイ役(サモ・ハン・キンポー)

主人公ドラゴン(ジャッキー・チェン)の幼なじみ役です。

元の声からガラガラ声にするところは流石ですね!

2017年4月6日に行われた「おじいちゃんはデブゴン」の舞台挨拶に、水島さんも応援に駆けつけました。

水島さんが、

「20代のころに『燃えよデブゴン』の吹き替えをして以来、今日まで来ている」

と語ると、サモ・ハンさんは

水島さんがいるから引退できません

と返し、会場を笑いに包みました。

魔法の天使クリィミーマミ 大伴 俊夫

優の幼なじみで、私立セントレミー学園中等部に通う13 – 14歳の少年。マミの大ファン。
明朗快活で好奇心旺盛だが、女の子の気持ちには鈍感。

スタジオぴえろ制作の大人気作品です。

エンディング映像で優と結婚して一男一女の父となっているのが確認できます。

2008年にアルバム「デリケートに好きして (21st century ver.)」で、太田さんとデュエットしています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ともだちいっぱいの水島さんを見てから今の水島さんを見ると、年を取ってないんじゃないかという錯覚を覚えますねwww

クリィミーマミは30周年を向かえました。まだまだこれからもがんばってほしいですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です