声優・三ツ矢雄二さん結婚やテニミュ、タッチ、カミングアウトや若い頃は?

Pocket

声優・三ツ矢雄二とは?

三ツ矢雄二さとは、1954年10月18日生まれ。

愛知県豊橋市出身。

コンビネーション所属。

明治大学文学部文芸学科を卒業しています。

子役としても活躍していて、芸歴は50年以上になるそうです。

コンビネーションに所属する前は、大橋巨泉事務所、青二プロダクション、ぷろだくしょんバオバブ、Y・M・O(旧 ラブライブ)、ブリングアップに所属していました。

 

スポンサードリンク

 

テレビ朝日で放送された

人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP

では第24位に選ばれました。

同じくテレビ朝日で放送された『お願い!ランキングGOLD』の「ヤング声優100人が本気で選んだ尊敬するアダルト声優ランキング」では第8位に選ばれました。

岸尾だいすけさんの師匠です。(よくモノマネされてますw)

 

若い頃は?

子役で活躍していた三ツ矢さんは、声優になったあとCDや写真集を出しています。

声優ブームでアイドル声優として人気だったために写真集を出したと語っていました。

この写真集の中には、なんとヌードもあり写真集の存在を知らなかった人が驚愕していましたw

三ツ矢さん曰く、

「全てをさらす」

という意味で全裸になったそうですw

 

テニミュ/脚本・作詞

声優、音響監督として活躍していますが、テニスの王子様の脚本と曲の作詞も行っています。

三ツ矢さんが脚本を担当したのは「Absolute king 立海 feat. 六角 〜 Second Service」までで、以降は三井秀樹さんが脚本しています。

数ある中でも「F・G・K・S」は人気で、「泣ける」「名曲」と言われています。

作詞の評価は、

アニメファンの気持ちを本当によくわかっています。

例えば

『きみの汗はクリスタル』というような、言葉のチョイス。

青春ど真ん中にある、くすぐったさ。

これが本当に『テニミュ』の世界観にマッチしていました。

と、高評価です。

 

ミュージカルを見た人の感想は、

やっぱテニミュって楽しいじゃん!!!!!

テニミュ終わりました。

感想としてはすごく楽しかった(^_^) アクツ先輩かっこよすぎた。

こちらも高評価です!!

 

結婚してる?

調べてみると過去も現在も結婚はしていないようです。

三ツ矢さんというと『性格が厳しい』事で有名です。

そして、その性格のせいで結婚できないのではないかとも言われています。

どんな性格なのか調べてみました。

ドアの開け方

外部の人の部屋の入り方

目上の人との話し方

などで、マナーや礼儀に関して厳しいようです。

スポンサードリンク

特に変わった性格ではなかったですね。

一般常識があれば問題ないと思いますね。

 

グレーゾーンって?

テレビ出演が多くなって言われるようになったのが・・・

グレーゾーン

いわゆる『おねえ言葉』を混ぜて話すことはラジオで確認できます。

テレビ番組でタレントなどから『ゲイ疑惑』に触れられると

グレーゾーン!!

と、はぐらかしていました。

それが人気となり、一時期は持ちネタのようになっていました。

 

カミングアウト?

2017年1月2日に放送された「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」で、ゲイをカミングアウトしました。

なぜ「グレーゾーン」としていた理由も告白しました。

会社勤めの兄がいて、迷惑がかかるのを心配していたそうです。

三ツ矢さん的には子供の頃から自覚があり、特に隠すこともしてこなかったので業界スタッフには有名な話だったようです。

過去に

20歳の頃から12年間、同棲(どうせい)をしていた男性がいました

とも、告白しています。

ネットでは受け入れてくれる人が多く見受けられました。

 

ドラゴンボール/界王神

『ドラゴンボールZ』『ドラゴンボール改』に登場する第7宇宙・東の界王神シンを担当していました。

『ドラゴンボール超』からは太田真一郎さんが担当しています。

シン

第7宇宙の東の宇宙を担当する界王神。

太古に繰り広げられた5人の界王神と魔人ブウの決戦での唯一の生き残り。

小柄な少年のような姿をしており、非常に真面目で控えめな性格。

見た目は小さいですが、フリーザレベルの相手なら一撃で倒せる実力の持ち主です。

 

タッチ/上杉達也

あだち充さんの漫画「タッチ」アニメ版の主人公です。

ものぐさでいい加減、面倒くさがりで飄々として掴み所のない性格をしている。

だが、マイペースではない。

愛想はないが人から親しみを持たれるせいで常に周りに男友達がいる。

基本的にストレート一辺倒の投手だが、チェンジアップやカーブといった変化球も使えないことはなく、緩急も使い分けられる。

ただ真っ向勝負が持ち味であるため「生兵法」である駆け引きは使わない。

映画「アタック・ナンバーハーフ・デラックス」の公開初日記念トークイベントで、一緒に登壇した日高さんと共演作である「タッチ」の名シーンを再現しました。

客席から歓声があがると三ツ矢さんは

ちょっと頑張らないともうできなくなってる

と語っていましたw

綺麗な顔してるだろ。

死んでるんだぜ。

それで。

大したキズも無いのに、ちょっと当たり所が悪かっただけで、もう動かないんだぜ。

嘘みたいだろ。

このシーンはとても有名ですよね。

 

まとめ

最近は音響監督として名前を見ることが多くなりましたね。

2018年には「伊藤潤二コレクション」で双一役で出演します。

これからもアニメに限らずいろいろなところで活躍して欲しいですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です