声優・小野賢章さん彼女?結婚相手は花澤香菜さん?代表作品や歌唱力は?

Pocket

映画『ハリー・ポッター』で主人公ハリーの日本語吹き替えを担当し、現在も声優・俳優として活躍されている小野賢章さんについて紹介します。

声優・小野賢章さんとは?

小野 賢章(おの けんしょう)

生年月日 1989年10月5日

俳優、声優、歌手

出身地 福岡県

所属事務所 アニモプロデュース

名前の由来はデザイナーの安部兼章さんからだそうです。

 

スポンサードリンク

 

愛称の「賢章先生」は役者仲間でゲーム『モンスターハンター』が流行り、小野がゲームを教えたりしていたことから陳内将が先生と呼び始め、それがファンの間にも広まった

以前は劇団ひまわり系列の砂岡事務所に所属していたが、2012年9月30日付けで退所。

子役時代から舞台・映画・テレビドラマに出演していた。

2014年2月にLantisより歌手デビュー。

『ハリー・ポッターと賢者の石』の吹き替えを演じた当時、12歳でした。

幼いながらもハリーの力強さ、無邪気な子供らしさを表現している演技が記憶に残っている方も多いでしょう。

 

このことがきっかとなり、俳優としてだけでなく、声優としても活躍の場を広げていくこととなりました。

 

彼女?結婚相手?花澤香菜さん

声優の花澤香菜(27)が22日、インターネット放送「Abema TV」で放送の『花澤香菜 アルバムリリースイベント独占生中継!』に出演。

一部で報じられた声優の小野賢章(27)との熱愛・同せいについて、自身の口から「真剣にお付き合いさせていただいています」と生報告した。

 

今年の2月に週間文春で熱愛報道された小野賢章さんと花澤香菜さんですが、その後おふたりの交際が発表されました。

現在活躍中で人気のあるお二人ですが、祝福の声が多かったようです。

小野さんと花澤さんの共演作はどのような作品があるのでしょうか?

 

花澤香菜さんの記事はこちらです。

花澤香菜さん。結婚?お相手は?アニメやキャラ、1人でできるかな

 

花澤香菜さんとの共演作は?

『マギ The labyrinth of magic』(2012年10月~ 2013年3月)

『マギ The kingdom of magic』(2013年10月~2014年3月)

スポンサードリンク

花澤香菜さん:練紅玉(れん こうぎょく)

小野賢章さん:練白龍(れん はくりゅう)

 

『純潔のマリア』(2015年1月〜3月)

花澤香菜さん:エゼキエル

小野賢章さん:ジョセフ

この作品以外にも共演作品はあるみたいですね。

ファンの間では『マギ』での共演がきっかけだったのではないかと推測されています。

 

代表作品やキャラは?

また、声優として注目され始めたのが今や大人気作品となった『黒子のバスケ』の主人公役・黒子テツヤでの出演からですかね!

第1期が放送された年に『マギ The labyrinth of magic』も放送され、こちらでも主要キャラの『練白龍』を担当し一気に注目されました。

その後、出演作品を増やしていき、『アルドノア・ゼロ』では、スレイン・トロイヤード役、『少年ハリウッド -HOLLY STAGE FOR 49-』では、舞山春役を演じるなど
主要キャラを演じる機会が多くなりました。

今では、人気声優に名前が上がるほどの知名度・人気となった声優さんですね!

 

ここには書ききれないほど数々の作品に出演されています。

現在放映中の『BORUTO-NARUTO NEXT GENERATIONS』奈良シカダイ役、昨年放映された『ReLIFE』海崎新太役などメインキャストでの出演が目立ちますね。

 

ハリーポッターやテニミュについて

「ハリーポッターとアズカバンの囚人」では、戦いの場面で叫び声が出ず、アフレコ収録で苦労したようです。

声優に対する考え方が変わってきたのはこの頃。

声変わりする前は音響担当の指示通りに演じていましたが、声変わりしてからは自分で役作りについて考え、自らの解釈でハリーという役に命を吹き込んでいったようです。

『ハリー・ポッター』でハリーを演じたのは有名ですね。ハリーの成長とともに小野さん自身も変化があったようです。

あのイケメン若手俳優の登竜門とも言われる「テニミュ」にも出演していました!

賢章さん演じる山吹中二年・室町十次は試合は無いものの、先輩を尊敬し熱く応援する姿を熱演!

ダンスやアドリブのコネタも冴え渡る名脇役でした!

競争率の高い、ミュージカル『テニスの王子様』にも俳優として出演されていました。

 

歌が下手?上手い?歌唱力は?

ツキウタ。で初めて聞いたときは、音程は合ってるけど歌詞を棒読みしてるような印象を受けました。

しかし、最近の黒バスのEDだと歌詞に感情が籠っていて聞いていてとても気持ちが良いです。

私は賢章さんのデュエットには詳しく無いのですが、ハモりが綺麗という声も時々耳にしますよ。

歌唱力について賛否両論あるみたいですが、キャラクターソングやオリジナル楽曲などCDの売れ行きは好調なようです。

仕事の枠にとらわれずマルチに活動する小野賢章さん。今後の活躍も期待しています!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です