声優・野沢雅子さん公認?ものまね芸人や、声優歴、年収やキャラは?等

Pocket

声優・野沢雅子さんとは?

代表的なものは、ドラゴンボールの主人公3世代の役をこなす凄技を毎週テレビで披露してくれてはおりますが、あらいぐまラスカルのラスカル役も野沢雅子さんです。ただ見ていて、楽しそう、哀しそうという感想はもっていましたが、後に野沢雅子さんが、あらいぐまが鳴くまで動物園に通い続けたという役に対する熱い思いは大変強いなと思っていました。

 

スポンサードリンク

いなかっぺ大将の風大左衛門役も演じられていましたが、天童よしみさんが歌う主題歌・『大ちゃん数え唄』が何らかの応援に、マッチしていたので、イベントに取り入れる所が多かった記憶があります。運動会の応援歌にこの曲を使ったのも、このいなかっぺ大将の野沢雅子さん演じる風大左衛門の独特の雰囲気と元気ワールドにのっかりました。

野沢雅子さんは、銀河鉄道999の星野鉄郎役をされていましたが、やはりこの世界にも引き込まれました。野沢雅子さんの持っている底知れぬパワーをいつもテレビからではありますが、感じていました。

 

野沢雅子さんの、ものまね芸人とは?

アイデンティティは、田島直弥さんと見浦彰彦さんが結成されたコンピ名です。

野沢雅子さんのものまねで有名になりました。物まねでインパクトを得たので、良い反面、大のドラゴンボールファンの方からの反応はあまりよくないこともあるようです。

公認?アイデンティティとの共演は?

共演という情報は見つけることができませんでしたが、野沢雅子さんの声質をよくとらえて、真似をされているので、野沢雅子さんの知名度をあげるには、よく出てきてくれましたというほどの完成度です。

年齢や声優歴は?

1936年生まれ、3歳で子役デビューをされていま

す。

スポンサードリンク

声優は10代の頃から始めたようです。声優歴は70年以上のキャリアを持つ超ベテラン階級の方です。それでも野沢雅子さんはとても物腰柔らかな印象があります。

キャリアを積んでいても、努力の方なのではないかという印象をもつほど、器の大きな方だというのもテレビやラジオなどから伝わってきます。

 

年収は?

ドラゴンボール全盛期で4000万の年収

声優業界は、報酬の面がとても安いなという印象が20年前からあまり変わっていません。声だけで演じるのは、芸術に近いものだと思ったりすることもあるので、報酬が低いというのは残念でありません。これだけご活躍されるのですから、それにみあった還元をしていく必要はあるのかなと思ってしまいました。

 

主な出演作品やキャラは?

ドラゴンボールの孫悟空役、孫悟飯役、孫悟天役です。ドラゴンボールの主人公、3世代を野沢雅子さん1人で演じられています。ドラゴンボールは、30年?近くテレビ放映されてきています。世代を変え、また受け継がれていくかのように、また今の小学生は夢中になってドラゴンボールみている子達が増えてきました。

今は、5枚入ったカードや、お菓子についたカード、ミニポスターなど、グッズはいたるところにあります。ドラゴンボールグッズを見ない日はありません。そして、驚くのは野沢雅子さんの声が色あせないというこの素晴らしい所が子供を魅了していくのだと私自身成長してきて、痛感させられています。

キャラクターに息を吹き込む作業は、とても大変な作業だと思っていましたが、野沢雅子さんは、3役を同時に演じてしまうのですから、超人的なパワーがあり、人間力も高い、素晴らしいベテラン声優さんです。

 

まとめ

野沢雅子さんから得る印象は、思いやりあふれたお母さんというのがにじみ出ています。話し方などを聞いていても、毎回優しさがあふれていて、尊敬の思いとあんな人間力の高い方になりたいという思いで野沢雅子さんを見ていました。

キャラクターを演じる志がとても強く、研ぎ澄まされている感じも受けますので、野沢雅子さんは、ベテランという枠にははまりきれない超人的な素晴らしさがあります。子供達をひきつける魅力に圧倒させられます。

私のまわりの子供達が、野沢雅子さんの言い方を真似て「カメカメハ」を練習している姿を見るたびに感じます。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です