声優・島本須美さんジブリ、ナウシカ、魔女宅、銀魂、ルパン、コナン等に出演

Pocket

声優・島本須美さんとは

島本須美さんとは、本名、越川須美。

1954年12月8日生まれ。

高知県出身。

以前は、劇団青年座、大沢事務所、青二プロダクションに所属していましたが、現在はフリーです。

高校で演劇部に入り、演劇コンクールに参加してから俳優を目指すようになったようです。

1979年の「ザ☆ウルトラマン」のヒロイン星川ムツミ役でデビューしました。

 

スポンサードリンク

 

「それいけ!アンパンマン」のしょくぱんまんの役は自身の持ちキャラの中では一番演じている期間が長いです。

2010年頃から、プロ・フィット声優養成所の専任講師の1人になり基礎講座の講師として活動しています。

高知県出身ということから、「海がきこえる」の方言指導も担当しています。

その他、有名なキャラクターでは「めぞん一刻」の音無響子、「小公女セーラ」の主人公セーラを演じています。

2017年には第11回声優アワードで高橋和枝賞を受賞しました。

 

ジブリ作品

世界名作劇場の「赤毛のアン」のオーディションの際に場面設定として制作に関わっていた宮﨑駿さんが、島本さんの声に心を打たれ、宮﨑さんの指名で「ルパン三世 カリオストロの城」のオーディションに参加しました。

結果、クラリス役に抜擢され、以降多数の宮崎作品に出演するようになりました。

「風の谷のナウシカ」では自主的にオーディションを受けて主人公のナウシカ役を獲得、「となりのトトロ」ではさつき役でオーディションを受けましたが、母親役に決まり、「もののけ姫」ではトキ役を獲得しました。

その後は、宮崎さんが声優を専業以外から起用するようになり、もののけ姫が宮崎作品の最後の出演になります。

 

風の谷のナウシカ/ナウシカ

風の谷のナウシカの主人公。16歳。

風の谷の族長ジルの末娘で、母や10人の兄姉たちは腐海の毒で亡くなっている。

父には深く愛されていたが、母からは愛情を受けずに育った。谷の少女達を妹のように可愛がり、「姫ねえさま」と慕われている。

苗字は無く自身を「風の谷の(ジルの子)ナウシカ」と名乗っている。

 

魔女の宅急便/『やさしさに包まれたなら』のカヴァー

「風の谷のナウシカ」から25年となる2009年に、ナウシカ役の島本さんが「風の谷のナウシカ」を始めとする人気曲を歌う企画アルバムの中で、魔女の宅急便の「やさしさに包まれたなら」をカヴァーしています。

CDを聴いた人は、

なんて美しい声なんだろう
癒やされる・・・

島本さんの声素晴らしいな。

可愛い声

と、大絶賛です。

 

おしゃれイズム

スポンサードリンク

おしゃれイズムにゲスト出演したアニメ好きのGACKTさんが、一番ぐっとくる女の子は誰かという質問に、「島本須美さん!素敵ですよね」と絶賛しました。

あの声で「GACKT、森へお帰り」と言われたらすぐに帰ります」と話していました。

そこへサプライズゲストとして、電話(声のみ)で番組へ出演しました。

実際に「GACKT、森へお帰り」と言うと、GACKTさんは「帰ります!」と即答したようです。

その後、番組が用意した目覚まし時計に、「GACKTさん、早く起きて。

みんながあなたを待っているんだから」と録音してプレゼントしたそうです。

 

銀魂/沖田ミツバ

『ミツバ篇』にて登場した、沖田総悟の実姉。

武州の出身。

弟とは正反対の性格の持ち主で、極めておしとやかな大和撫子。

両親を早くに亡くしたため、女手一つで弟を育てた。

付くほどの辛い物好きで、チョコレートパフェにタバスコを一本丸ごとかけ、また真選組には激辛せんべいを毎月送っていた。

土方からは『味覚以外は極めてよく出来た女』と評価されている。

 

ルパン三世/クラリス

宮崎産の指名でオーディションに参加して獲得した役です。

この作品から、島本さんはジブリ作品に多く出演されます。

実質のヒロイン。

ヨーロッパ・カリオストロ公国の公女で、大公家最後の姫君。

非道な行為を続ける伯爵に反発し、婚礼衣装の仮縫いの隙を突いて脱走する。

伯爵の差し向けた追手から逃げている途中でルパンと再会し、一時は助けられるが、再び捕らわれる。

幼少時、若き日のルパンが城から脱出中に負傷し行き倒れていたところを助けた。

この映画での有名なセリフは、銭形警部の「奴はとんでもないものを盗んでいきました。あなたの心です。」というセリフです。

 

名探偵コナン/工藤有希子

名探偵コナンでは、主人公「工藤新一」の母親役として出演しています。

自身が高知県出身という事もあり、土佐弁を話す工藤有希子は自然に演じられると話しています。

工藤 有希子、旧姓藤峰 は、「名探偵コナン」の登場人物。

工藤新一の母親。

37歳。

毛利蘭の両親である毛利小五郎・妃英理夫妻と同級生。

世界的に有名な伝説の美人女優で現在は、夫の工藤優作とアメリカで暮らしている。

子煩悩な親バカで、新一を見つけると「新ちゃん」と呼んで甘えたり甘やかそうとしたりする。

息子が若返って江戸川コナンになっても、基本的に変わらない。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です