能登有沙さん下手?彼氏やハロプロ?初音ミクやガンプラ、ラジオ等

Pocket

声優・能登有沙さんとは

能登有沙さんとは、1988年12月26日生まれ。

千葉県出身

スタイルキューブ所属

愛称「のっち」

特技は、書道、キーボード早打ち
趣味は、切手集め、ガンプラ作り

ハロプロエッグオーディション2004に合格して、ハロプロエッグの一員となりました。

ハロプロエッグ内ユニット「ともいき・木を植えたい」では過去にリーダーを務めていました。

 

スポンサードリンク

アニメ、漫画、ゲームが大好きで、ガンダムSEED、DESTINYからガンダムシリーズを見始めたとブログで報告してました。

一時期はSNSのmixiでいろいろなコミュに入っていたようですが、現在はコミュは退会しているようです。

2003年9月29に放送を開始した、NHK月曜ドラマシリーズ「夢みる葡萄〜本を読む女〜」に出演しました。
2008年には、コミックマーケット75で枝川みるる、坂田奈穂子と共に同人誌「ザ ドガドガ」を販売しました。
2010年には初台The DOORSにてアニメソングを対象とした100曲ライブ「アリスタ!スペシャル〜アニソン100曲ライブ〜」を開催しました。

下手って?

演技はいいけど、滑舌が下手だとネットでは言われています。

元々声優を目指していたわけでは無いはず
のっちはリアル2次元だから擬似2次元のアニメに投影してしまうと違和感が出るのは当然

もともと声優志望では無いらしいので、仕方ないのかもしれません。

彼氏はいるの?

現在は彼氏の情報は無いので、付き合ってる人はいないようですが、高校生の時に彼氏はいたような書き込みはありました。

高校の時の彼氏の連れが
カキコミしてたよな
一年から卒業までは付き合ってたと

ネットの情報なのでどこまで本当化は定かではありません。

ハロプロだったの?

2004年のハロプロエッグオーディションに合格してから、しばらくハロプロで活動していました。

2005年1月のHello!Projectコンサートツアー東京公演にバックダンサーとして出演していました。
2008年6月、石川梨華さん、嗣永桃子さんと動画チャンネル「ドガドガ7」に参加することが決まり、7月1日からYouTubeによる動画配信が開始されました。

スポンサードリンク

2009年9月にハロプロエッグを卒業後、アップフロントエッグの一員になりました。
2011年アップフロントスタイルからスタイルキューブに所属事務所を移籍。ハロー!プロジェクト及びアップフロントエッグの一員としての活動はなくなりました。

能登麻美子さんとの関係は?

能登麻美子さんと名字は同じですが、血縁関係はないようですよ。

初音ミクのモーションアクターなど

初音ミク Project DIVA Arcadeで小倉唯さんとモーションアクターとして参加していました。
その他にも、PSVITA『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』 堂島菜々子の振付&モーションアクターを担当しています。

モーションアクターとは、

映画・ゲーム・アニメなどにおいて、モーションキャプチャーで記録するためにマーカーを装着して演技を行う人。

声優を「中の人」と称するのに対して、「骨の人」「中の骨の人」などと称することもある。

能登有沙ガンプラオフィシャルブログ/「ちょい吹き 隊・能登有沙のガンプラLife style

ガンプラ好きが高じてアメブロにて公式ブログを開設しています。
作り方の説明や、能登さんのこだわりがよくわかります。

 

ラジオ/YAMAMAN presents MUSIC SALAD FROM U-kari STUDIO・bayfm

StylipSの「Lip Style!!」という番組以来のbayfmでのラジオです。
生まれも育ちも千葉でbayfmで育ってきたという能登さんには思い出深いラジオのようです。

毎週月~木曜日 12:00〜12:51
能登さんの担当は月曜日です。

番組内で展開されるコーナー
サラダミュージックドレッシング
毎回4〜5曲のラインナップの中から「サラダミュージックドレッシング(別名:サラドレ)」と呼ばれるクロージングナンバーを、リスナーによる投票で決める番組のメインコーナー。

『漫画家さんとアシスタントさんと』のラジオ/音砂みはり

いわゆる、『マンアシラジオ』のタイトルで2014年4月2日から7月9日までHiBiKi Radio Stationにて配信されていました。

毎週水曜更新。出演は早見沙織(足須沙穂都 役)と能登有沙(音砂みはり 役)の両名。

ラジオCDも発売されています。

WEBラジオ『マンアシラジオ』の通常回1~6回と新規録り下ろし分をたっぷり収録したラジオCD。録り下ろしではゲストにメインキャストである松岡禎丞を迎え、柔軟剤から演技論、“ラッキースケベ”談義(!)など多彩なトークテーマで楽しめる。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です