声優・麻上洋子さん/一龍斎春水さん。森雪で活躍し結婚やブログなど現在は?

Pocket

色香のある女性役は、天下一品。宇宙戦艦ヤマトの森雪役やシティーハンターの野上冴子役の麻上洋子さん、改め一龍斎春水さんをご紹介します。

スポンサードリンク

一龍斎春水こと声優・麻上洋子さんとは?

麻上洋子さんを知ったのは、シティーハンターの野上冴子役でした。この役は、とてもはまっていました。野上冴子というキャラクターの人柄をよくとらえていて、嫌味のない色気を表現されていたのには、驚嘆しました。主人公の冴羽獠を翻弄する場面はとても愉快でした。

野上冴子役のほかにどんな役をされていたのだろうと思い、雑誌などを見ていると、宇宙戦艦ヤマトの森雪役と掲載されていました。

改めて宇宙戦艦ヤマトを見ると、清楚な力強い女性を演じておられました。可憐な女性役もステキです。しかし、色気があり、陰がある女性を麻上洋子さんは演じられると、魅力に深みを増していました。

シティーハンターが終了してしまったら、声優として、お名前を見なくなってきたので、ほかのことに力を入れているのかもしれないと思い、麻上洋子さんの活動を追ってみると、一龍斎春水さんとして活躍されていました。

 

一龍斎春水さんとは?

麻上洋子さんのことでした。ある時、神谷明さんとラジオなどで語っているのを聴いて、向上心のあるそして、清楚な印象がラジオから伝わってきました。

麻上洋子さんは、一龍斎春水さんとして…『春水の部屋』というサイトに様々な情報が掲載されておりました。

「声、演技、表現」等を追求して、伝統話芸「講談」に辿り着きました。数百年の歴史ある話芸を継承する「講談師・一龍斎春水」は、人間国宝の「一龍斎貞水」の惣領弟子です。 

一龍斎春水さんは自ら語っておられます。

人間国宝の総領弟子さんになられていたとは、驚きました。何かを極めるのはとても難しいし、努力がいることですが、麻上洋子さんいえ、一龍斎春水さんは見事に成し遂げられている姿をみてたくましいと感じます。

スポンサードリンク

このたくましさは、春水さんが今までの経験で得たものからだとは思いますが、凛とした華やかさを感じます。

 

結婚やブログなど現在は?

結婚をされたという情報は見つけることはできませんでしたが、公式 『春水の部屋』の情報を拝読させて頂くと、一龍斎春水さんとして

講談師として、公演や朗読を主にされていました。色んな方に声優という役者で培ってきた実力もあり、講談師として語っている様子がよくわかりました。

講談師として活躍する傍ら、現在私生活では、要介護5の90歳の母を8年間介護と実体験を講演していると『春水の部屋』にて語られています。

一龍斎春水さんの講演は、介護で疲れている方々の力になります。財産ともいえる貴重なお話をしてくださっておりますので、介護をする側としてはとても励みになります。

介護というものについて、今一度見直す事もできるかもしれません。どんな介護の方法が自分達にあっているのか考えるきっかけをくれるチャンスにもつながります。

まとめ

麻上洋子さんは、大人の女性を演じたら、右に出るものはいないなという印象でしたが、ラジオで話されているのを聴いた時、とても可愛い女性という印象の方が勝りました。

だから、あの野上冴子というキャラクターが出来たのだとシティーハンターファンとしては、嬉しくて仕方ありませんでした。漫画を読んでいても、立体的に漫画が読める楽しさが加わりました。

声優という役者さんは、本当に素晴らしいと痛感致しました。

今も尚、声優という役者さんが演じるからこそ、アニメや洋画を見るという習慣が続いています。耳に心地よいものでないと受け付けなくなってしまったのかもしれません。

架空人物が生きるというリアル感を出せる声優という役者さんがいてくれるからこそ、視聴する側は、より充実した楽しみを手にする事ができます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です