声優・水谷優子さん死去の原因、乳がんはいつから?ステージは?声優名鑑等

Pocket

乳がんのため、亡くなった水谷優子さんをご紹介します。

ちびまるこのまるこのお姉ちゃん(さくらさきこ役)でお茶間を楽しませてくれました。

声優・水谷優子さんとは?

水谷優子さんは、ちびまるこのまるこのお姉ちゃん(さくらさきこ役)で出演されていました。「まるこぉ~」「あんたぁねぇ~」というこの冷めた言い方が、ちょっと抜けているまるこには、良いスパイスになっており、愉快な姉妹の日常をお茶の間に楽しさを届けていました。

 

スポンサードリンク

水谷優子さんを知ったのは、宇宙の騎士テッカマンブレードの相羽みゆき役(テッカマンレイピア)でした。命をかけて、兄・相羽タカヤ(ブレード)を守る姿には実に健気ですが、自分を倒しにくる相手が、実の兄のシンヤなので、物語としてはとても切ないのですが、勇敢な可憐な妹役を演じていました。

水谷優子さんは、あかほりさとるさんとラジオパーソナリティーをやっていました。ポリリンとケロリンの名コンビでで、楽しいラジオ番組をされていました。水谷優子さんの持ち前の明るさで、あかほりさとるさんのボケを切るみたいな掛け合いもあり、とっても楽しい時間でした。

 

死去の原因、乳がんはいつから?ステージは?

夫である西久保さんが亡くなる2週間前まで仕事をしていたと語っていました。

2年前には摘出手術をしていた

2年前に摘出手術もしていたとなると、5年依存率が約70%と言われるステージ3以降の進行状態だったと推測されます。水谷優子さんは51歳で無くなっているのですから、進行がとても早かったのかもしれません。

 

デジモンアドベンチャー/武之内空

ヒロイン。お台場小学校5年生。パートナーデジモンはピヨモンで、20話で赤色(ピンク色)の愛情の紋章を手に入れる。ショートヘアーで頭をすっぽり覆った帽子、赤い手袋をした少女。一人称は「私」が多いがまれに「あたし」と言うこともある。太一とは幼馴染で、サッカーでツートップを組んでいた友人でもある。

男勝りな一方で相手を思いやる繊細な心も持っている(年少のミミ、タケル、ヒカリへの面倒見もよい)ので、まとまりのないメンバーではお姉さん的存在になっている。

スポンサードリンク

この役もしっかり者の姉貴のようなそんな役でした。水谷優子さんの人柄とかぶっている部分もあったかもしれません。

 

ディズニー/ミニーマウス

誰よりもミッキーを大切に思っている女の子。おしゃれが大好きで感受性も豊か、歌やダンスも得意である。親切で思いやりもあるので友達も多い人気者である。時に気が強い場面もある。

可愛い役、可憐な役がとても水谷優子さんはとてもあっていました。キャラクターを見て、水谷優子さんかな?と思うことが多々ありました。それほど、可憐な女の子という役を完璧に演じられていました。

 

となりのトトロ/リョウコ

農作業車の荷台に乗っていた若い女性。七国山病院に向かって迷子になったメイのことを聞くサツキに、「七国山から来たが幼い女の子は見ていない」という情報を伝えた。

あまり登場はしていませんが、明るい水谷優子さんの顔が思い浮かんできます。元気いっぱいでいつも演技に向かう姿勢はどんな役からでもにじみ出ています。

 

まとめ

水谷優子さんが亡くなったのは、乳がんなので、女性にとっては、本当に怖いことだと感じます。定期検診ちゃんと行きなさいと天の声が聞こえてきそうです。

かなり演技に入り込む性格で、アフレコ中に台詞と同時に体を動かしてNGを出したり、挙句の果てには隣の声優を殴ることもあったという。このため、同業者の中には「アクション声優」と呼ぶ者もいた。

演じるという思いの深さ、大切さ、信念、役に向かいあう水谷優子さんの姿をよく表しているように感じました。シュラトでも可憐な美少女の役をされていたので、しばらくは美少女が定着しましたが、洗練された大人の女性や格好良い女性も演じられていました。

水谷優子さんの演技を聞いていて、ジーンとくることがあったのを記憶しています。明るくてしっかり者で笑顔がとてもステキな水谷のお姉さんのことは忘れることはありません。残念な事ではありますが、2017年の声優名鑑からは名前が無くなってしまいました。ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です